【動画】いい話!iPS細胞研究所 山中伸弥教授のメッセージが胸に響く!

【動画】いい話!iPS細胞研究所 山中伸弥教授のメッセージが胸に響く!

【動画】いい話!iPS細胞研究所 山中伸弥教授のメッセージが胸に響く!のタイトル画像

近畿大学の「平成27年度近畿大学卒業­式」での山中伸弥教授のメッセージがいい話で胸に響きます。今回は山中教授のメッセージをご紹介します。

 

目 次

iPS細胞研究所 山中伸弥氏とは

ノーベル医学・生理学賞を受賞した京都大学の山中伸弥教授。実は山中教授は最初から天才ではなく邪魔者扱いされるような人間でした。そんな山中教授教授がどんな風に歩んできたのか、わかりやすいムービーがこちらで紹介されています。

NHKスペシャル ノーベル賞・山中伸弥 iPS細胞“革命”より

番組詳細

ノーベル医学・生理学賞を受賞した京都大学の山中伸弥教授。生命科学の常識を覆し「細胞を初期化」するiPS細胞の作成に成功したことが受賞につながった。iPS細胞とはいったいどんな細胞なのか。再生医療や病気の解明など「医療革命」を起こすとされるiPS細胞研究の最前線はどこまで来ているのか。山中教授の偉業達成までの知られざる道のりをたどりながら、ロングインタビューで山中教授とiPS細胞の世界に迫る。

 

iPS細胞研究所 山中伸弥教授メッセージ

それでは、平成28年(2016年)3月26日(土)「平成27年度近畿大学卒業­式」での山中伸弥教授のメッセージをご覧ください。

iPS細胞研究所 
山中伸弥教授メッセージ

平成27年度近畿大学卒業式

 

塞翁が馬とは

塞翁が馬(さいおうがうま)とは【人生の幸不幸や吉凶は変転するものであり、人間の予想や思惑どおりにはならない。】という意味です。

さいおうがうま
塞翁が馬

意味
人生の幸不幸や吉凶は変転するものであり、人間の予想や思惑どおりにはならない。

例文
会社を首になったからってそんなに落ち込むな。人生万事塞翁が馬って言うじゃないか。あの会社をやめたから今があるって言える時が来るかもしれないぞ。

出典
『淮南子えなんじ』人間訓……『淮南子』とは: 前漢の武帝の頃書かれた思想書。淮南王劉安(B.C.179~B.C.122)が編纂。道家思想を中心に儒家・法家・陰陽家の思想を交えて書かれている。淮南王劉安とは:漢の高祖(劉邦)の孫。武帝に対する反乱を企てて自害。学問や文化を愛し、方術の士を招き、諸思想を収集して『淮南子』を編纂した。

「塞翁が馬」の故事
塞翁が馬
国境のとりでの近くに、運命判断など占いの術に長けた老人の一家がありました。ある日飼っていた馬がなぜか突然国境の外、胡人(北方の異民族)の住むあたりに逃げていってしまいました。人々が見舞いにやってくるとこの老人は

「今度のことは福を呼び込んでくれるかもしれんよ」と言います。

それから何か月かして、この逃げた馬がなんと胡人の飼っている立派な馬を何頭か引き連れて戻ってきました。人々がまたやってきて「良かった良かった」と祝福すると老人は

「これは災いをもたらすかもしれんよ」と言います。

この老人の家では良馬をたくさん飼っていたのですが、ある日老人の息子が馬から落ち足の骨を折ってしまいました。人々が見舞いにやってくるとこの老人は

「今度のことは良いことかもしれんよ」と言います。それから一年が過ぎ、胡人が大挙して国境を越えて侵入してきたので、体の頑健な男子はみな兵隊にとられてしまいました。彼らの多くはこの国境のあたりで戦死しましたが、老人の息子は足を悪くしていたため徴兵を免れ、親子ともども命拾いしたということです。

この物語が故事成語「塞翁が馬」となりました。

中国語スクリプト 塞翁が馬より引用

 

僕の個人的な感想

ノーベル医学・生理学賞を受賞した京都大学の山中伸弥教授は頭がよく、エリート街道まっしぐらな方だと思っていたら意外や意外!邪魔中(じゃまなか)と言われていた過去があり、不遇の時代を過ごし苦労をしていたのは驚きました。山中教授の苦労話、塞翁が馬の心構えの話、体験談はとても分かりやすく、聞いていて身の引き締まる思いです。このスピーチから学び、塞翁が馬の心構え、勝って兜の緒を締めよと自分に問いかけ、成長していきたいものです。

みんなの感想

 


以上、【動画】いい話!iPS細胞研究所 山中伸弥教授のメッセージが胸に響く!でした!

いかがでしたか?

素晴らしいと感じた方はぜひシェアをお願いします。

らくぞーのオススメ記事