履物を揃える習慣化のコツ【 理由とメリットを知ろう!】

玄関でついつい散らかってしまう履物。この記事では履物を揃える習慣を身につけるコツを紹介します。それと合わせてなぜ履物を揃えると良いのか理由とメリットを紹介します。

しげたろう
履物を揃えると人生が好転するキッカケになります。ただ、履物を揃えるだけ。それだけなので物は試しに挑戦してみてください。きっとあなたの人生において価値のある習慣となります。

履物を揃える習慣づけのコツ

結果からお伝えすると一番大切なのは意識的に履物を揃えて身体で覚える習慣を身につけることです。

人と会った時に挨拶をする習慣があるように習慣として身につけば自然と行動に繋がります。

あなたが意識的に靴を揃える行動を継続すると習慣が自然と身につきます。まずは行動をはじめる事です。

それに加えて、揃える事に対する理由やメリットを知る事が重要です。身体で覚え、脳で理解する。すると習慣化をやめるデメリットがほぼ無く、恩恵が多いからです。この内容については後の章で解説します。

大人の場合、習慣化するには自分自身の意識的な努力が大きいのですが、小さなお子さんの場合は、褒めてあげると自然と身につきます。

 

ここに並べて置くんだよ!っていう分かりやすく明確な目印は子どもにとって大切です。シンプル、分かりやすい。これは子どもだけでなく、大人にとっても大切な事です。

口うるさく言うのは数カ月、数年ですが、身につけてしまえば一生使える宝物の習慣となります。

小さなお子さんがいるご家庭では自然と子どもが習慣化出来る様に一緒に並べて、褒めていくといいでしょう。自分自身ができない場合、お子さんと一緒に勉強するつもりで楽しんで取り組むとより継続しやすくなります。

続いて、履物を揃える理由について解説します。

履物を揃える理由を知ろう

なぜ履物を揃える必要があるのでしょうか?

ここで読み進めるのいったん止めて少し考えてみて下さい。履物を揃える理由を自分のアタマで考え、知る事で自然と履物を揃える行動に繋がります。

ちなみに余談ですが僕自身は自分が揃えられる範囲なら他の方の履物も揃えます。例えば、こちらはとあるイベント会場のトイレのスリッパ。入った時は散乱しており、見るに堪えない状況でした。

 

小さなお子さんが多かったせいかぐちゃぐちゃ。

 

これをきれいに並べ直しました。

 

上の写真と見比べて、どちらが気持ち良く感じますか?

揃える事で僕は自己満足しているわけではありません。こういった場面では、あなたならどう感じますか?

また、あなたの身近な方や子どもがこういった場面で靴を揃える事を当たり前の事の様にしている様子を目の当たりにしたらどう感じますか?

次の章から揃える理由を説明します。

その1 こころが揃う

靴を揃えると、一緒にいる人の心が揃う事にもつながります。

 

履物を揃える~脚下照顧の教え~の記事ではこの事について詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

 

履物を揃えるのは靴箱でも同じです。

その2 メリットが多い

履物を揃える事はひと手間かかりますが、それ以上にメリットも多い事実を知りましょう。

履物を揃えるメリット

・玄関がきれいになる。

・雰囲気が良くなる。

・靴だけでなく整理整頓の習慣化につながる。

・揃える人の印象がかなり良くなる。

・揃える時に靴を見て持ち主の性格が分かる。

 

その3 礼儀につながる

靴の脱ぎ方は、訪れる先や同行する方への礼儀でもあります。訪問先への思いやりや、同行者の不揃いを直す事であなたが皆さんへの配慮がある、礼節のある方だと思われます。

 

団体の場合、規律として実践する事でも身につける事が出来ます。印象としてもしっかりと礼節のあるチームだと印象を受けます。

また、神社などにおいては靴の揃え方が変わります。地域によっては違う場合もあります。こういった事例もあるので、ただ靴を揃える事でも時と場合に応じてしっかりとした使い分けを学んでいきましょう。

 

履物を揃える大切さやメリットがご理解いただけますと幸いです。

その1 こころが揃う
その2 メリットが多い
その3 礼儀である

こういった事がただ『履物を揃える』だけで恩恵で得る事が出来ます。挨拶をしないと損なのと一緒で、履物を揃える事が出来ないのは大きな損です。ぜひ習慣化にチャレンジして人生をより良いものにつなげてください!

きっと、出来ますから!応援しています!

最後に素晴らしいツイートを紹介します。

素晴らしい言葉ですね!身に付いた習慣が良いものだと一生、良い恩恵を受ける事ができます。

以上、でこの記事は終わりです。この記事が良かったと感じたらシェアやコメントをください。記事を執筆する励みになります。よろしくお願いいたします。最後までお読みいただきありがとうございました。

楽蔵のタイトル画像
最新情報をチェックしよう!