ワンパンマンの原作が色んな意味で凄すぎる…ッ!!

この記事ではワンパンマンの原作を紹介します。日本が世界に誇る文化の一つとして漫画があります。漫画大国でもある日本では毎年大量の作品が生み出され多くの人に愛され今もなお進化しています。その漫画の中でもひときわ異彩を放つ作品が。。。それがワンパンマン(原作)です!

Web漫画で始まり人気となり、完結を待たずしてリメイクされ出版されています。独特のタッチとシュールな展開、そして伏線を多く含む先の読めないストーリー。

その名も、『ワンパンマン』

作者はONE氏です。キャラクター設定や伏線、そして笑いのセンスがバランス良くとても素晴らしい作品となっています。

 

ワンパンマンとは!?

革命的な主人公、ワンパンマンはあらゆる敵(怪人)をパンチ一撃で倒してしまう最強ヒーロー・サイタマ。少年漫画では主人公が強い敵に勝つために苦悩し成長し、勝ったら次のより強い敵が出てきて・・・という風になっていますが。そんなの抜きで最強です。強すぎて漫画として成立しません。普通は。(笑)

この最強ヒーロー・サイタマは向かうところ敵なしの最強のヒーロー、ワンパンマン!敵の怪人が出てきてもワンパン(一発のパンチ)で倒してしまいます。

『オイオイッ!そんな設定じゃ、話続かんし、面白くないやろ!』

となりそうですが、面白いんです!

半端なくッ!!

…残念な画力を ものともせずッ!

そんな画力に負けず、壮大なストーリー展開に張り巡らされる伏線に笑いっぱなしの展開。そして突然の名言!原作の画力は正直ひどいのですがそれを魅力的にしてしまう作者ONE氏は凄いです。実際、あのタッチでないとワンパンマンの魅力のひとつ、脱力感やユルさはでないでしょう。

 

ワンパンマンの原作を読もう(無料)

ワンパンマンの原作はWebで無料公開されているマンガです。ちょっとでも面白うそうだと思ったなら是非読んでみましょう!これは読まないともったいない!

クリックでHPに切り替わります→ ワンパンマ

原作とリメイクの違い

原作はONE氏が描いた絵ですが、サイコーに面白いです。ただ、画力がハンパなく残念です。ただ、この残念な画が原作のワンパンマンの魅力でもあります。

このワンパンマンの原作がリメイクされた時は度肝を抜かれました。リメイク後の作画はアイシールド21の村田雄介氏。日本で最高峰の高い画力と原作の世界観で素晴らしい作品となっております。

ONE氏の原作とリメイクされた村田雄介氏のリメイク作品との比較です。

原作

ワンパンマンの原作の1ページ。
かなり手抜き感がある原作。これもワンパンマンの魅力。 出典:ワンパンマン原作より

 

リメイク

村田雄介氏のワンパンマンの漫画の1ページ
出典:村田雄介氏のワンパンマン1巻より 画のクオリティが違い過ぎるw原作との比較も面白い。

ね、全然違うでしょ(笑)

原作の素晴らしい世界観、設定を村田雄介氏の素晴らしい画力で再現しています。是非両方読み比べてみて下さい。

以上、ワンパンマンの原作が色んな意味で凄すぎる…ッ!!でした。最後までお読みいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!