ファミコンのドラクエⅢパーティをアイロンビーズで再現してみた!

ダイソーのミニアイロンビーズでドラクエⅢのパーティーを再現してみました!

 

しげたろう
1988年2月11日に発売され社会現象を巻き起こしたドラクエⅢ。リアルタイムでのプレイヤーではないけども近い世代の僕としては嬉しいモノが出来上がりました!

ファミコンのドラクエⅢパーティをアイロンビーズで再現してみた!

アイロンビーズでドラクエⅢのパーティーを作りました。

土台も一緒に作って飾れるようにしています。

 

ファミコン版ドラクエⅢのパーティーを再現!

 

原作のドットに忠実に作りました。作っていて初めて知ったのですが、ファミコンのドラクエⅢのMAP上のキャラクターは16×16マスで作られています。この少ないマスでキャラクターを3色で表現しているのですごい事ですね。

 

勇者(男)・武闘家(女)・僧侶(女)・遊び人(男)

 

土台の作り方

ドラクエⅢの勇者達を立たせるための土台を作りましょう。グリーン系で芝生っぽく作れば他のキャラクターの土台でも使えて汎用性があります。

 

 

このような形で好きな土台のカタチを決めて作りましょう。まずは、プレートを用意します。

 

 

土台のカタチを作っていきます。のせるキャラクターに合わせてサイズを決めると良いでしょう。

 

 

色は黄緑とレモンイエローのビーズをランダムに並べています。

 

この様に脇にビーズを置いておくと作業がはかどる。

 

土台のカタチが完成しました。このあと、アイロンをあて、カタチを作ります。

 

 

アイロンをあてるためにアイロンペーパーをあてます。アイロンペーパーが無い場合はクッキングシートでも代用ができます。

透明の耐熱アイロンペーパーがあれば、溶け具合も見え分かりやすいです。

 

 

アイロンは低温がオススメです。商品の説明には低温~中温とありますが中温だと一気に溶けるのとプレートまで溶けてしまうのでオススメできません。

 

 

低温に温まったらアイロンビーズをプレスします。

 

 

体重はかけない方がいいです。バランスよく熱が全面に加わるようにアイロンを押し付けていきましょう。

 

 

アイロンをあてた所。溶け具合を確認しながら慎重に作業します。

 

 

くっついているのが確認出来たら、ビーズが外れないように慎重に裏返します。

 

 

冷ましたらアイロンペーパーをはがします。

 

 

溶けている様子がわかりますか??穴が無くなって平面になっています。しかし、これは失敗してしまいました。

・アイロンビーズが溶けすぎている

・ムラがある

土台の差込口がビーズが溶けすぎて狭くなってしまいました。

 

 

でも、気にしない。次は上手くやれるように頑張ります。

反対面はこの通り、まだ溶けていません。

 

 

次はこの面にアイロンをあてていきます。

 

 

先程と同じ要領でアイロンをあてます。

 

 

出来たら先程と同様、冷ましてからアイロンペーパーをはがします。これで完成!

 

 

ハイ、見事に失敗しました!溶けすぎてグニャってなっているのが分かりますか?

一応キャラクターをぐりぐりすれば土台として使えるので一応、完成!

 

 

土台が少し反っているのも気になる。。。

もっと練習と経験が必要なようですw

 

 

この土台があれば、こういう風に2つのアイロンビーズ作品を組み合わせて、

 

 

こんな事が出来るんです(^_-)-☆

 

 

それでは続いてこの土台に立っていただくドラクエⅢの勇者の作り方を紹介します。

 

ドラクエⅢの勇者の作り方

ドラクエⅢの勇者の作り方です。ファミコンのドラクエⅢの勇者は16×16マスのドットで描かれています。

必要なビーズカラーは白・蒼・肌色の3色です。

勇者のドットが出来ました。土台に立たせるために黒い部分の差込口を作ります。

 

土台差込口を黒で作成。一部分見える黒が目立つので他の色にします。

 

勇者の剣の部分がそのままカタチにするとくっつかないので目立たない色で補強します。

足元の土台の黒の支柱部分が目立つのでグレーに変更。

 

 

これでビーズ並べは完成!あとは両面にアイロンをあて完成です!

 

 

こちらが完成したドラクエⅢの勇者です!

 

社会現象を巻き起こしたドラクエⅢの勇者完成。

 

反対側はこうなっています。

 

 

 

ドラクエⅢの勇者、完成

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仲間とスライムも完成!

 

勇者(男)

 

 

 

武闘家(女)

 

 

僧侶(女)

 

 

 

遊び人(男)

 

 

 

スライム2体

 

作るのに苦戦したのは遊び人

実はパーティをアイロンビーズで作る上で一番難しかったのは遊び人。

・ビーズに同色がない。

・色が細かく混在

この2点で苦労しました。

最初、ビーズの近似色が無いので薄い紫と薄いピンクで作成しだしたものの色の違いが分かりにくく断念。色の違いがはっきり分かる色を使う事にしてやり直しました。

 

 

↓のスクショの画面を見ながら作成。

 

紫は青に置き換えて作成。色の違いがはっきりしないと何のドット絵か分かりづらい。勉強になりました。

 

 

色を交互に置いていると、どこがどこなのか分からなくなる。。。

 

 

ドット絵の間違いがないか念入りにチェックし、完成!

 

 

土台に立たせたいので土台の差込を作成。

 

 

これでアイロンをあてるだけで出来上がりです。

 

 

この遊び人、最初の色の試行錯誤を含めて製作に約1時間かかりました。

 

少し色合いが違うけど違和感なし!?

 

他の勇者や武闘家は類似のビーズがあり、絵も分かりやすくて作りやすかったです。

 

武闘家は比較的簡単に出来ました。作成に約15分程度。

 

 

以上、ファミコンのドラクエⅢパーティをアイロンビーズで再現してみた!でした。最後までお読みいただきありがとうございました。アイロンビーズに興味がある方はぜひ遊んでみてください。手軽に始められてお金もそんなにかかりません。何より自分が作ったアイロンビーズには思いや愛着がわきます。

 

大きなビーズを使用すれば小さなお子さんからも楽しめ、老若男女問わず楽しめるのもポイント。

 

しげたろう
アイロンビーズで製作するとドットと同様に仕上がるのでドット絵を再現するのにバツグンの相性です!
ネットで『○○ ドット絵』と○○に好きなモノを入れて検索するとたくさんドット絵の素材が出ますよ!
最新情報をチェックしよう!