iPhone 6のバッテリー交換を自分でやってみた

2019年10月16日

iPhone 6のバッテリー交換を自分でやってみた

iPhone 6のバッテリー交換を自分でやってみたのタイトル画像

世間ではiPhone11が販売されておりますが、今回はiPhone6のネタです!さすがアップル、今でも古い機種のiPhoneでも十分役に立ちます。その古いiPhoneでバッテリー交換するだけでまだまだ使える現役機種はたくさんあります。今回の記事をヒントにiPhoneを活用してくださいね!

目 次

膨張したiPhone6

今回はiPhone6のバッテリー交換を自分でやってみた内容をお伝えします。以前から利用していたiPhone 6が膨らんできました。原因はバッテリーの膨張で画面が曲がるほど膨らんでいます。熱を持ってしまい危険な状態です。長期の使用や車の音楽を流す専用機になっており、社内で太陽光を浴びすぎたのも原因かもしれません。

膨張している本体に隙間が空き、真ん中に青くなっているところは、ディスプレイのライトです。購入時から比較しかなり膨らんでいます。

 

今回使用するキット

これが今回使ったキットです。Amazonで販売されています。価格は2280円(税込)の送料込みです。結構お手頃な価格でバッテリー交換キットが手に入ります。iPhone6を解体してバッテリー交換するのに必要な道具が一通り揃っています。

DIGIFORCE 6 大容量 互換バッテリー 説明書・工具付 PSEマーク表示 (for iPhone 6) 

真ん中から左が工具、右の黒い四角い物が交換用バッテリー、そして説明書です。取り扱い説明書があるので詳しくない方でも安心です。

バッテリー交換作業

iPhone6の画面に映っているのは壁紙(開いた状態のイメージ壁紙)です。紛らわしいですが実際にiPhone6を開けるとこのようになっています。

これはiPhoneの底の部分です。まずはiPhoneを開いていきます。普段は使うことのない特殊なドライバーを使わないと開かないようになっています。

この特殊なドライバーで本体のネジを取り外して分解していきます。

iPhone6を開けた所です。写真ではわかりづらいのですがバッテリーがかなり膨張しています。iPhone6を分解するときに気を付けて欲しいのが中のネジの種類が場所によって違うものがあるので外したネジの位置を分かるように記憶してください。間違えると戻す時に困ります。

 

これが新しいバッテリーです。新品ですのでもちろん膨らんでなくフラットです。

右側にあるピンク色の付箋のようなものが両面テープです。これをバッテリーに貼り付けます。

バッテリー背面に両面テープで固定します。外す時には剥がれにくかったりするので注意が必要です。

これでバッテリー装着完了です。これで後は分解した手順の逆で元通りに戻していくだけです。

バッテリー交換後、電源が無事につきました。これで一安心です。本来は本体をきちんと従来の状態に戻してから電源をつけるべきです。真似をしないでくださいね。これで復旧完了、バッテリー交換も済み見た目も使用時間も改善されます。

 

バッテリー交換後

購入時のように薄くなりました。

下記のバッテリー交換前・後の写真を比較すると分かりやすいです。見た目の印象もかなりGOODになりました。

 

※上がバッテリー交換前・下がバッテリー交換後

 

 

膨らんでしまった交換前のバッテリです。膨張して角がなくなり膨らんだ袋みたいになっていますね。

 

バッテリー交換をして大丈夫なのか!?

新しいiPhoneではこのようなバッテリーやディスプレイの交換をするとエラーメッセージが出るようです。数日ポップアップが出るようですが問題なく利用はできるようです。念のため、新機種などはよく調べてから交換をした方が良いですよ。※参考サイト https://japan.cnet.com/article/35141099/

意外と簡単にできるバッテリー交換。AmazonでiPhoneのバッテリー交換で検索するだけでたくさん候補が出ます。家に眠っているスマートフォンのバッテリー交換をするだけでかなり使えるかもしれません。興味がある方は自己責任にてチャレンジしてくださいね!

 

いかがでしたか??以上、iPhone 6のバッテリー交換を自分でやってみたでした。

最後まで読んで頂きありがとうございます。この記事が良かったら是非シェアをよろしくお願いします(^_-)-☆

らくぞーのオススメ記事

2019年10月16日エンターテイメントAmazon, iPhone, 分解

Posted by raku-zo2017