【閲覧注意】トラウマになる幻の漫画『5億年ボタン』

この記事ではトラウマになる幻の漫画『5億年ボタン』を紹介します。

 

・5億年ボタンについて
・原作の漫画と作者について
・ストーリーの概要と登場人物・なぜ幻と言われ、なぜトラウマになるのか?考察
・5億年間の長さについて
・5億年ボタンを読んだ人の感想
 
しげたろう
この記事では5億年ボタンについて網羅的に解説。原作の個性とストーリーの哲学性と奥深さは読む人により解釈が変わるユニークな作品です。僕個人的には大好きな作品でマンガ好きには一度読んで欲しい作品です!
 

5億年ボタンが掲載されている『みんなのトニオちゃん』についてはこちらの記事をご覧ください。

 ↓ ↓ ↓

【5億年ボタン】みんなのトニオちゃんという漫画がヤバい!!

 

 

この下の目次の『開く』を押すと目次の一覧が開きます。好きな項目を選ぶとその項まで移動します。

5億年ボタンとは?

『5億年ボタン』は週刊SPA!で連載されていた菅原そうたのCGマンガ作品『みんなのトニオちゃん』に出てくる『ボタンがついた装置』です。

 

結果から言うとボタンを押すと3つの事が起こります。

①異空間に飛ばされ不老不死の肉体となり5億年過ごす。

②その後、ボタンを押した瞬間に戻されて5億年間の記憶が消される

③報酬として100万円が手に入る

 

分かりやすく言えばドラえもんのひみつ道具のような物です。見た目は四角い箱に赤いボタン。

 

5億年ボタンのイメージ画像
5億年ボタンのイメージ

 

CGマンガの『みんなのトニオちゃん』というマンガは独創的な世界観と5億年ボタンをはじめとしたユニークなストーリーがあり、普通の漫画と比べ非常識な一面と現実的な一面を持つ異色の作品。
そして独創的な世界の『5億年ボタン』のエピソードのインパクトが凄すぎて、作品名の「みんなのトニオちゃん」より有名になり、通称が『5億年ボタン』となりました。
みんなのトニオちゃん画像
みんなのトニオちゃん 作者:菅原そうた

この5億年ボタンの原作は2001年に発売された週刊少年ジャンプの増刊(GAG Special 2002)に掲載された『BUTTON A PART TIME JOB』という漫画が原作となっています。

その漫画を『みんなのトニオちゃん』の単行本に収録する時にキャラクターの造形と名前を差し替えたものです。(話の筋は全く同様)正式なエピソード名は「アルバイト(BUTTON)」です。

 

『5億年ボタン』は通称。

作品名は

『みんなのトニオちゃん』

 

エピソード名は

アルバイト(BUTTON)

 

ストーリーの概要は下記にて紹介します。

 

なぜトラウマになるのか?

『5億年ボタン』のストーリーの内容はシンプルですが一度読むと何とも言えない後味の悪さ。『5億年ボタン』を使うエピソードが深く考えさせられ、自分自身と重ねて考えると恐ろしくなり、人によっては恐怖を感じトラウマになると言われます。

このエピソードではグロテスクな表現や暴力は一切ありませんが、生きる意味を深く考えさせられます。想像力の強い人ほどこの体験を自分と重ね、恐ろしさを感じるのではないでしょうか?読む人によっては全く何も感じない方もいます。

なぜ幻の漫画と言われるのか?

この『みんなのトニオちゃん』は知っている人も少ない幻と言われるマイナーな漫画本です。

幻と言われる理由は、下記の2点です。現在では中古市場でしか手に入りません。知っていれば、かなりの漫画通です。

 

・2001年の出版作品と古い

・発行部数が少ない上、すでに絶版されており手に入らない

 

この漫画を中古市場で購入する場合、希少な漫画、話題性のためプレミアがつき高騰。取引価格が5,000円台~10,000円台となっております。フリマアプリや古本屋で価値が分からず安く販売されているレアケースもあります。

みんなのトニオちゃんの漫画の写真
意外にも大きいみんなのトニオちゃんの漫画冊子。

 

このみんなのトニオちゃんは短編のマンガ集となっています。しかし単なるギャグマンガではなく、内容は科学的、哲学的な内容を多く含み深く考えさせられる一面を持ちます。そのためか、ネットでは5億年ボタンを中心に話題になります。

 

5億年ボタンの作者・菅原そうた氏について

5億年ボタンの登場キャラクター、B-DASHのアルバムジャケットでこの絵見た事ある!という方も多いのではないでしょうか??

なんと作者の菅原そうたさんのお兄さんがB-DASHのヴォーカルであり、作者も一時期バンドメンバーを務めていた深いつながりがあるのです。

 

5億年ボタンの作者菅原そうた
作者:菅原そうた ※出典みんなのトニオちゃんより

 

作者の菅原そうたさんは1979年生まれなので、上記の写真はお若い頃になりますね。個性的でユーモアあふれる作品を作られるので今後の作品も期待しています。

 

作者紹介:菅原そうた

SOTA(そーた。本名:菅原壮太(すがはら そうた) 1979年 – )は、日本のマルチクリエイター。東京都出身。

近年は“菅原そうた”名義で活動する事が多く、作品にクレジットされる役職も企画・(3DCGアニメ)監督・構成・脚本・キャラクターデザイン・グラフィックデザイナー・声優・映像制作・編集など多岐にわたる。漫画家だったり、ミュージックバンドに所属していた時期もある。

父は歌手のすがはらやすのり、母は食育・マイナスイオン等の研究者菅原明子、兄はB-DASHのヴォーカリスト兼ギタリストGONGON。妹は実業家の菅原麗子。

B-DASHの前身バンドHAGUKIに所属していた経歴があり、現在もB-DASHのゴールデンメンバーとしてクレジットされている。

Wikipedia / SOTA(菅原そうた) より引用

 

5億年ボタンの主人公と登場人物

みんなのトニオちゃんの主人公は幼稚園に通うトニオ。

そして幼稚園の友達のジャイ太、スネ郎。みんな5歳児だが、知識や考えることが中高生だったり、突き抜けていたりする。

 

トニオはジャイ太、スネ郎たちと様々な挑戦と大冒険を繰り広げる。この漫画のキャラクターや造形物は3DCGで描かれており、フルカラー。

 

主人公トニオ 出典:みんなのトニオちゃん

主人公のトニオ。かなり楽観主義で物事に柔軟に対応できる5歳児。身体が真っ二つになったり、目が無くなったりとあり得ないことが次々起こる。たぶん不死身。

 

ジャイ太 出典:みんなのトニオちゃん

雰囲気はドラえもんに出てくるジャイアン。しかし、見た目や行動に反して高度な知性の可能性を持ち、狭い空間で独自の文明を生み出す才能を持つ。

 

スネ郎 出典:みんなのトニオちゃん

スネ郎はドラえもんのスネ夫の立ち位置。しかし、貧乏で繊細な心の持ち主。さみしさでグレる事もある。トラブルメーカー。

他にもたくさんのユニークな登場キャラクターがいます。詳しくはこちらの【5億年ボタン原作】みんなのトニオちゃんの登場キャラクター!をご覧ください。みんなのトニオちゃんみんなのトニオちゃんリターンズの2作品の登場キャラクターを紹介しています。

関連記事

 5億年ボタンという怖い話の原作『みんなのトニオちゃん』の漫画に出てくるユニークな登場キャラクターを紹介します。 この漫画のキャラクターが全て3DCGで描かれており、深い哲学的な内容をギャグで済ませたり、キャラがゲームの様にどんどん[…]

【5億年ボタン原作】みんなのトニオちゃんの登場キャラクター!のアイキャッチ画像

 

5億年ボタンはどんなストーリー?

ストーリーは、主人公の幼稚園の友達、スネ郎とジャイ太がなんかいいバイトがないかと言う問いに

主人公トニオが

『一瞬で 100万円稼げるバイトでちゅ』

と持ち掛けます。

 

しげたろう
いや、怪しすぎでしょ!実際にそんな話ないやろ~!って思いますよね。

 

これは漫画の1コマ。なんか、コワいぞw

出典:みんなのトニオちゃん

 

この主人公のトニオちゃんは5歳児ですが語尾に『でちゅ』とか『まちゅ』と赤ちゃんなまりが残っています。

しかしやっている行動は中高生と一緒。この子たちゃホント、幼稚園児なのか??バイト内容はボタンを押すと100万円がその場で貰えるという内容。

5億年ボタンのイメージ画像
押すだけで100万のバイト!?

ただし、

記憶には残らないけど、何もない

脱出不可能な異空間に飛ばされて5億年、

ただ「生きてろ」っていう内容。

 

これまた、ぶっ飛んだお話です。

 

ボタンを押すと何もない空間に飛ばされます。そこではすべてが無。あるのは無限に続く空間と床のみ。そして自分自身は飲まず食わずとも生き続ける体となり、食事もなく、寝る事も出来ず、さらには死ぬことも出来ません。そんな特殊な状況で自分の身体一つで5億年生き続ける様になっています。。。

 

しかし、そんなことをお構いなくジャイ太がボタンを押し、スネ郎もボタンを押してしまう。

すると、特殊な空間に転移してしまう。

 

5億年ボタンを押した瞬間のページ
まさか本当にこんな事になるとは…。 出典:みんなのトニオちゃん

 

何もない空間ですが、自分自身は自由です。そんな中で寝ず、食わずでずっと時間が経過します。

これは、スネ郎が実際に5億年ボタンを押し、5億年を体験している所。

 

5億年ボタンを押してかなりの期間が過ぎたころの画像
ずっと、ずっと続く時間。。。する事もなく、ただただ生きる。  出典:みんなのトニオちゃん

 

そして5億年が経過すると、ボタンを押してからの5億年間の全ての記憶が消されます。そしてボタンを押した瞬間へ戻ります。

 

そして100万円が手に入ります。

 

体感としては、ボタンを押すだけで100万円ゲット!
※記憶がないため。

 

しげたろう

ここで面白いのが、押した本人は5億年過ごした実感がなく、ただボタン押して100万円が出てくるという事実だけ認識します。

記憶にないけど、自分は実際に気が狂う苦しい5億年を過ごしています。コワッ!

 

作中でも友人のスネ郎は大した事無いと思い、再びボタンを連打で押してしまい、また気の長い5億年を何度も体験する事となります。苦しんでいる自分がいると想像すると恐ろしいですね。

このみんなのトニオちゃん、ぜひ原作を読んでみてください。中古市場ではまだ売買されていますので気になる方は是非、原作をゲットして読んでみてはいかがでしょうか??

 

5億年ってどのくらい長いのか?

5億年の長さを考えてもピンときませんが、身近な単位に換算すると更にとんでもない数字になります。

・41,666,666ヵ月
(4166万カ月)

・26,071,428,571週間
(260億週間)

・182,500,000,000日
(1,825億日)

・4,000,000,003,800時間
(4兆3,800時間)

・262,000,000,008,000分
(262兆8,000分)

・15,768,000,000,000,000秒
(1京5,768兆秒)

 

これが5億年分となります。。。

実際、単位が大きすぎて感覚が分からなくなります。

 

違った表現で表すと、

① 5万年×1万回=5億年

② 時給0.00000000000000000…..円(ほぼ0円)

③ バイト代としたら500年1円(異空間時間)

④ バイト代としたら5,000年でうまい棒1本(10円)

⑤ 1,000円稼ぐのに500,000年。(50万年)

⑥ 80年の人生が6,250,000回も生きられる。

⑦ 100年生きても5,000,000回コース。

 

時給でみると、かなりアホらしすぎます。

 

古生代カンブリア紀あたり(貝類・陸上植物・巨大恐竜の出現やカンブリア紀型動物群が進化を始める頃)から現代までがだいたい5億年になります。

寝ず食わずで一日24時間を過ごすと長く感じますがそれが延々と繰り返されるのです。。。怖ッ!

 

思考実験、あなたなら押しますか?

このボタンを押すと100万円が手に入る。これだと誰でも押すのですが、この5億年ボタンの考察で面白い所は「5億年苦しむ自分がいる」というポイントです。

記憶が残らないので実際に起こるのかどうかも分からないし、自分の記憶に残らないから自分では無いと考える事も出来ます。

5億年ボタンを押す?押さない?この選択肢をどうするか?

ここの部分に思考実験の面白い要素がたくさん含まれています。

 

例えば、

・気にせずバンバン押しまくる!

・友人や嫌いな人に『このボタンを押すと100万円出てくるから、半分の50万円あげるよ』と言って現金を手に入れる。

・1000万円貰ってもしない

 

いろんな意見が飛び交うでしょう。

だから5億年ボタンを読んで深いと感じたり、哲学的な事が好きな方が面白いと感じたりするわけです。

こちらの記事も面白いので興味がある方はどうぞ。

 

なぜ人は五億年ボタンを押すことができるのか より一部引用

・・・・・・だが、この思考実験において、五億年の苦行を味わうのはあくまでも私である。それは誰かよく知らない人ではない。あくまでも私が犠牲になるらしいのだ。

あるとき、私は友人とこの思考実験についての話になった。彼は「押す」と明確に答えた。

そこで、私はこの友人にたいし、条件を少し変えた五億年ボタンを提案してみた。この五億年ボタン・バージョン2は押すと見知らぬ誰かを五億年のあいだ謎空間にとじこめる。

もちろん、この記憶も消去されるので、その誰かはそんなことがあったと想像することさえできない。このボタンなら押すだろうか、押さないだろうか。
友人は押すと答えた。この五億年ボタンの唯一の不利益な点は~※省略

そこで、私は条件をさらに少し変えた五億年ボタンを提案してみた。

もしも、とばされる誰かが自分の親しい人間、親兄弟、友人、恋人、尊敬している誰か、あるいはペットの犬や猫だとしたらどうだ。押すか、押さないか。
ここで友人ははじめて躊躇した。

このバージョン3のボタンを、おそらく友人は押さないだろう。そして、私も押さないだろう。~

※続きは上記リンクより

 

5億年ボタンを読んだ人の感想

Twitterでも多くつぶやかれる『5億年ボタン』。

『5億年ボタン』を読んだ方の感想です。

 

 

5億年ボタン、

怖すぎる。。。

 

目の前の100万円の欲と、5億年苦しむ(かも)の天秤。※5億年間を確認できないため

目の前で100万円をボタン一つでゲットする様子を見ると心が揺らぎます。しかし記憶が消されるとは言え5億年間苦しむのは嫌です。

でもボタンを押せば実際は苦しんでいる自分がいる事実。その事実が認識できない点など、この漫画はトロッコ問題の様に深くて哲学的な漫画ですね。

 

『5億年ボタン』が本当にあったら、あなたはどうしますか?

 

5億年ボタンのイメージ画像
さぁ、この赤いボタンを押して下さい。。。

 

『5億年ボタン』考えれば考えるほど恐ろしいですよね。

ネットでも『5億年ボタン』と検索するだけでたくさん記事や2次創作のストーリーが出てきます。それだけ印象深いマンガ作品なのです。

↓こちら↓ではその5億年ボタンの2次創作のSS(サイドストーリーまたはショートストーリーの略。 主にファンによる非公式の二次創作小説)や動画を紹介しています。

関連記事

5億年ボタンとは!?この漫画はなぜ話題になるのか?この記事では5億年ボタンについて詳しく知る事が出来るよう紹介しています。 5億年ボタンとは!?原作漫画を紹介!!5億年ボタンとは、原作『みんなのトニオちゃん[…]

5億年ボタンとは!?漫画の原作から2次創作の実写化・スピンオフが凄い!のアイキャッチ画像

 

ちなみに、面白いネタでもよく使用されており、次の項目で紹介するボケてでは作品のファンが5億年ボタンネタで面白い投稿をしています。

 

ネタにされる『5億年ボタン』

らくぞーの人気記事『【大爆笑】面白い画像サイト5選』でも紹介している、ボケて!では#5億年ボタンボケタグがあり、ネタにされています。ぜひご覧ください。

 

5億年ボタンのボケての画像
引用:ボケてより

5億年ボタンのボケタグ … ←こちらから直接みれます。現在、30個以上のボケが集まっています!

 

以上、【閲覧注意】トラウマになる幻の漫画『5億年ボタン』でした。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

みんなのトニオちゃんについてはこちらの記事で解説しています。合わせてご覧ください。

関連記事

ネットでたびたび話題になっている漫画、5億年ボタンをご存じでしょうか?その5億年ボタンの原作、みんなのトニオちゃんのマンガを紹介! この作品、ヤバすぎます!原作を読んだことない方にもどんな作品か雰囲[…]

【5億年ボタン】みんなのトニオちゃんという漫画がヤバい!!のタイトル画像

みんなのトニオちゃんの登場キャラクターについてはこちらの記事をご覧ください。

関連記事

 5億年ボタンという怖い話の原作『みんなのトニオちゃん』の漫画に出てくるユニークな登場キャラクターを紹介します。 この漫画のキャラクターが全て3DCGで描かれており、深い哲学的な内容をギャグで済ませたり、キャラがゲームの様にどんどん[…]

【5億年ボタン原作】みんなのトニオちゃんの登場キャラクター!のアイキャッチ画像
191129 【閲覧注意】トラウマになる幻の漫画『5億年ボタン』のタイトル画像
最新情報をチェックしよう!